ホーム > 製品情報 > 製品ラインナップ > ストロークボールスプライン

製品ラインナップ

ストロークボールスプライン
ボールスプライン

ストロークボールスプライン

NB ストロークボールスプラインSPLFS 形は、ラジアル荷重とトルクを同時に負荷できる高精度な限定ストロークの直線運動用軸受です。極めて小さな動摩擦抵抗で動作します。


  • 製品カタログPDFをダウンロード
  • CSDデータをダウンロード

NBストロークボールスプラインは転送溝を持つ円筒形のスプライン軸と外筒からなり、スプライン外筒にはさらに外筒本体、保持器、サイドリング、鋼球が組み込まれています。

保持器はボールポケットを設けて転動体である鋼球が互いに接触しない構造で、スムースな直線運動が得られます。鋼球非循環タイプの保持器で直線運動時に保持器も移動するため限定ストロークとなります。カタログ最大ストロークの80%を移動量として使用することを推奨します。

極めて小さな動摩擦抵抗と低騒音

転動体はボールポケットにより分離されており、互いに接触しない構造になっています。また限定ストロークとなりますが転動体が循環しない構造のため極めて小さな動摩擦抵抗と低騒音を実現しています。

オールステンレス製

構成部品のすべてについてステンレス材を使用していますので耐食性、耐熱性(使用温度:−20〜140℃)に優れており、真空中、クリーンルームなどの使用に最適です。


コンパクト

従来のボールスプラインに比べ外筒外径が約20%小さくなっておりますので省スペース化に貢献します。

潤滑

外筒外径には油溝に2個の油穴が設けてありますので給油設計が容易です。


SPLFS形の構造
SPLFS形の構造
ページの先頭へ