ホーム > 製品情報 > 製品ラインナップ > リニアガイド SGL形

製品ラインナップ

SGL形
リニアガイド

SGL形

NBリニアガイドSGL形は、4条列の軌道溝内でボールが転がり運動をおこなう直線運動軸受です。コンパクトな形状にもかかわらず高負荷容量であることからあらゆる用途に使用されます。


  • 製品カタログPDFをダウンロード
  • CSDデータをダウンロード

NBリニアガイドSGL形は精密研削加工された4条の軌道溝を持つレールとブロックから構成され、ブロックは更に本体、鋼球、保持器、リターンキャップから構成されます。

高負荷容量・長寿命

大径ボールを使用し、また、軌道面は鋼球の半径に近似したR形状に加工されているので、鋼球の接触面積が広く、高負荷容量で長寿命です。

取付誤差を吸収

自動調心性が大きくなるようにボールが配置されているので、取付誤差が吸収できます。


低摩擦

4条列2点接触構造を採用しているので、予圧をかけて剛性を高めても、低摩擦で安定した走行が得られます。

耐食仕様

耐食性能を大幅に高めたステンレス仕様(SGLS形)と低温黒色クロム処理を施したLB仕様が標準化されており、クリーンルームなどの使用に最適です。


4方向の負荷能力が等しい

上下・左右とも同じ負荷能力を持つように、鋼球は45°の方向に均等に配置されています。

防塵

サイドシールが標準で装着されます。更に、防塵効果を高めるために、アンダーシール、ダブルシール、スクレーパ、ジャバラや専用キャップなどを用意してあります。


ファイバーシート

ブロックの本体内部に潤滑油を含有させたファイバーシートを組み入れることができ、転送溝に適宜潤滑油を給油しますので、給油間隔を大幅に延ばすことが可能です。

リバースシール

NBリバースシールの装着によりグリースの無駄を抑え、長期メンテナンスフリーを実現します。


SGL形の構造
SGL形の構造

SGL形リニアガイドのブロックは取付け方式で以下の11種類のブロックから選定できます。


ブロックの形式
ページの先頭へ