ホーム > 製品情報 > 製品ラインナップ > スライドウェイ・ゴニオウェイ

製品ラインナップ

スライドウェイ
クロスローラーガイド

スライドウェイ

NBスライドウェイは精密ローラーを使用した非循環方式の直線運動軸受です。高精度を必要とされる光学機器や計測器で主に使用されます。


  • 製品カタログPDFをダウンロード
  • CSDデータをダウンロード

NBスライドウェイNV形は精密研削加工された軌道台とスタッドローラーを内蔵したRリテーナー(樹脂製)で構成されています。軌道台はスタッドローラーが滑らかに動くように最適設計が施され、またRリテーナーのスタッドローラーにより軌道台と転動体のスリップがなく、スライドウェイでは難しかった昇降やタクトの速い動作に適しています。SV形、SVW形は精密研削加工された軌道台とローラーケージで構成されています。転動体には精密ローラーが使用され転動体が循環しないので摩擦抵抗の変動が少なく、更に軽負荷時でも起動摩擦抵抗と動摩擦抵抗の差がほとんどありません。

微小送りに最適

摩擦抵抗は極めて小さく、起動摩擦と動摩擦の差がほとんどないので微小送りにも正確に追随し、高精度の直線運動機構を実現します。

低速安定性

軽負荷でも摩擦抵抗の変動が極めて小さいことから、低速から高速まで安定した動作が可能です。

高剛性・高負荷容量

ローラーは鋼球に比べ接触面積が大きく、弾性変形量が少なくなり、更に非循環方式のため有効転動体数が多いので高剛性で高負荷容量です。またNV形は新規軌動台設計により、ローラーと軌動面の接触長さをSV形に比べ30〜58%増加させ、またローラーピッチを細かくし、ローラー数を増やしたことにより定格荷重を1.3〜2.5倍にしました。

低騒音

スライドウェイは循環部における騒音の発生がなく、またケージを使用しているので転動体間の接触音もなく、静かに動作します。

オールステンレス

耐食仕様のスライドウェイSVS形・SVWS形は構成部品全てにステンレス材を使用しており、クリーンルーム等に最適です。

※NV形には、組立前のRリテーナー中心位置保持のため締結プレートが付きます。締結プレートを取り外してからご使用願います。

構造と特徴

NV形スタッドローラーシステム(鋲付ローラー構造)

ローラーとそれを案内する軌道体とにスリップ防止機能を持たせ、作動中におけるローラースリップの防止を実現した新発想のシステムです。これにより、あらゆる姿勢での使用に対応できます。

スタッドローラーシステム

スタッドローラーシステム

NV形軌道台4本、Rリテーナー2本を1セットとする製品です。自由にテーブルを設計でき使用用途に合わせた使い方が可能になります。


SV形軌道台4本と、精密ローラーをクロス上に組み込んだR形ローラーケージ2本で1セットになります。SVS形は、全てステンレス材を使用しているので腐食しやすい箇所でも十分性能を発揮します。


SVW形両側にV溝を持つW形軌道台1本、SV形軌道台2本、R形ローラーケージ2本で1セットになります。W形軌道台を使用しているので、よりコンパクトな設計が可能になります。またオールステンレスのSVWS形もあります。


ページの先頭へ