ホーム > 技術情報 > 潤滑および取扱いの注意

潤滑および取扱いの注意

潤滑

潤滑には転動体間の摩擦や転動体と転送面の間の摩擦を小さくして焼き付けを防止し、構成部品の磨耗を減らすと同時に、表面に油膜を形成し て錆の発生を防ぐなどの目的があります。リニアシステムの性能を発揮させるには使用条件に合わせた潤滑方法を決定し、最適な潤滑剤を選定する必要がありま す。潤滑方法には油潤滑グリース潤滑があり、油潤滑にはタービン油ISO規格VG32~68、グリース潤滑の場合にはリチウム石けん基グリース2号を 推奨します。スライドブッシュなどは、潤滑剤に影響の少ない性質の防錆油が塗布されているのみです。潤滑剤を塗布した後にご使用ください。またスライドガ イドのように転送溝を持つ形状のものには、グリースが充填してありますので、そのまま使用できます。その後は、使用条件や環境などによって適時補給してく ださい。通常の使用条件の場合の給脂間隔は、6ヶ月又は1,000km程度を推奨します。

NBでは次のグリースを用意しておりますので使用条件に合せてご使用ください。

KGLグリース(低発塵グリース)

KGLグリースはリチウム系の増ちょう剤を使用した低発塵性にきわめて優れたグリースでクリーンルーム内での 使用に最適です。

KGUグリース(低発塵グリース)

KGUグリースはウレア系の増ちょう剤を使用したグリースです。低発塵性に優れているとともに低速時の動摩擦抵抗値が小さいことを特徴としています。

項目
グリース名
KGLグリース
KGUグリース
外観 淡黄白色 淡褐色
基油 合成油 合成油
基油動粘度(平方mm/s 40℃) 32 100
増ちょう剤 リチウム石けん ウレア
混和ちょう度 237 248
滴点(℃) 201 280以上
銅板腐食(100℃、24h) 合格 合格
蒸発量 0.8(99"C 22h) 0.09(99"C 22h)
離油度(100℃、24h) 0.9 0.5
酸化安定度(99℃、100h) 0.04 0.015
軸受防錆(52℃、48h) 合格 合格
使用温度範囲(℃) -20~120 -30~160

グリースに関する各種データは、こちらのPDFをご参照ください。

取扱いの注意

NBリニアシステムについて、精密部品としての精度を保ち、安全にご使用いただけますよう以下の項目にご注意ください。

取扱いの注意

  • リニアシステムを落下させたり、ハンマーで叩いたりして強い衝撃を与えると軌道面に圧痕が生じ、走行の円滑さを損ない寿命にも影響を与えることがあります。また樹脂部品は破損する可能性がありま すのでご注意ください。
  • 各部をみだりに分解することは、ごみの侵入や組立精度劣化の原因となりますので絶対に分解しないでください。
  • レールまたは軸を傾けるだけでブロックまたは外筒が動く場合がありますので、レールまたは軸から誤って外れないようにご注意ください。
  • リニアシステムの性能を十分に引き出すためには取付面の精度や、取り付けた後の軸の平行度が重要な要素になります。取付精度には十分な注意をはらってください。

使用上の注意

  • ごみや異物はできる限り入らないようにしてご使用ください。
  • 使用環境により粉塵、クーラントなどの飛散がある場合は、ジャバラ、カバーなどで保護してください。
  • NBリニアシステムのレールなどを天井に固定し、ブロックまたは外筒へ下向きの荷重が作用する使用において、万一ブロックまたは外筒が破損した場合、レールから外れて落下する恐れがありますので安全装置を設けるなど、落下防止の追加処置を実施してください。

寿命検討における注意点

  • ブロックまたは外筒1個に作用する荷重が基本動定格荷重の0.5倍を超える場合(P>0.5C)、寿命計算値より実際の寿命が短くなる場合がありますので0.5C以下での使用を推奨します。
  • 鋼球や円筒ころなどの転動体が半回転もしない微小ストロークの繰り返し運動では、転動体と軌道 面の接触部においてフレッチングと呼ばれる早期磨耗が発生します。完全な対策はありませんが耐フレッチング用グリースの使用や数千回に一回程度ブロックま たは外筒の全長程度のストロークを実施することにより寿命を伸ばすことができます。NBでは耐フレッチング用のグリースを用意しておりますので、微小スト ロークの場合にご使用ください。
ページの先頭へ