ホーム > 技術情報 > 剛性と予圧

剛性と予圧

予圧の効果と剛性

精密な位置決め装置や高精度の加工を必要とする機械の送り装置では、リニアシステム自体の剛性を考慮に入れて設計する必要があります。そのため、転動体にボールを使用している形式のスライドガイドやボールスプラインには、更に剛性を高めるために予圧をかけた製品も標準化しています。予圧をかけない状態のボールに負荷を掛けると弾性変形がおき、その変形量は荷重の2/3乗に比例します。


予圧の種類と表示方法

NBリニアシステムで一般的に使用される予圧は標準、軽予圧、中予圧の3種類に分類・標準化されており、用途にあわせて選択していただくことが出来ます。またNBリニアシステムでは、わずかに大きなサイズの転動体を挿入して予圧をかけるため、予圧量はマイナスすきまとして表示されます。

ページの先頭へ